ディーラー下取りと中古車店の車買取で迷ったら?

トヨタやスズキ、日産にホンダなど、

街中には大手自動車メーカーのディーラーがたくさんあります。

大手というだけで良さそうに感じる人もいるかと思いますが、

はたして大手のディーラー下取りとはどういったものなのでしょうか?

 

 

ここではディーラー下取りと中古車店の車買取を迷っている方のために、

まずはディーラー下取りとはなんぞや?

ということからお話しておきたいと思います。

 


皆さんがよく見かけるディーラーのショールーム。

トヨタをはじめとする国内外の自動車メーカーが、

そのメーカーの新車を販売するために設けている店舗です。

トヨタならトヨタの新車、

日産なら日産の新車、

ベンツならベンツの新車を販売しています。

 


そしてそのディーラーでは、

皆さんの車を下取りしてくれるサービスを行っています。

下取りというのは、車を購入する店舗で、

それまでに乗っていた車を買い取ってもらうことなのですが、

車を買い替えるにあたり、

そのほとんどの人がそれまでに乗っていた車を売却しなくてはなりませんので、

そういった方でもスムーズに新車を購入し、

買い替えができるようにするためのものが下取りです。

 


メリットしては、新車を購入するそのディーラーで、

購入と売却が行えるため1店舗ですべての手続きが完了できるということや、

購入した新車が納車されるタイミングと

下取りでディーラーに車を引き渡すタイミングを調整しやすかったりというのがあります。

 

また、ビッグブランドの看板を掲げていますので、

安心して取引できるというのも、

人によってはメリットとなるかもしれません。

 

 


では、ディーラーの下取りは高く買い取ってくれるものなのかどうなのか?

ポイントはここになるかと思いますが、

実は私の経験上では、ディーラー下取りでは

高額買取は期待出来ないということが分かったのです。

 


一度でも車を下取り査定してもらったことがある人は

よくご存じかと思いますが、

その査定額は意外にも安いことが多く、

事前に買取相場などを調べていたりすると、

少し驚いてしまうかと思います。

 

大手だから高く買い取ってくれるだろうと思ってしまいがちですが、

実際はそうゆうわけでもありません。

 


先程もご説明しましたが、

ディーラーというのは新車を販売するための店舗で、

中古車の取り扱いというのは基本的にはあまり行っていません。

下取りした車は系列店などに回して、

ディーラー認定中古車として売られたり、

中古車店に回されたりしているようですが、

中古車の販売を行っていないディーラーの下取り査定はリスク回避からなのか、

控えめな価格設定になってしまうことが多いようなんです。

 

 


さらに、下取りというのは、

購入してもらう車との値引き調整みたいな一面もあるため、

購入してもらう車の値引き額が安く済んだ場合、

その分を下取り価格に上乗せして高く下取りするように見せるというテクニックも行われているのです。

 


また、ディーラー下取りのデメリットとして、

査定料や名義変更料などが合計して2万円前後請求されるということがあります。

 

 

これは査定をしてもらう時には気付かないのですが、

最終的に下取りをしてもらうと、

その内訳にはしっかりと査定料と名義変更料が加算されていますので見てみるといいです。

 

これは中古車店の車買取には無いものなので、

ディーラー下取り価格と中古車店の買取価格が同額であった場合、

ディーラー下取りのほうが余分な経費がかかってしまう分、

損をしてしまうということになります。

 

 


確かに面倒な手間が1店舗で済ませられ、

また大手の安心感もあるディーラー下取りではありますが、

 

最近では様々なメディアでもあまりおすすめはされていませんし、

私の経験上でも売却先の候補としては外れるかなというのが正直なところです。


こちらの車買取八王子市というランキングサイトにも

ディーラーの下取り経験について書いている方がいますので、

こちらも一緒に読んでおくと、知識も深まり

高額買取が近づくかと思いますので見ておくといいでしょう。