車を売る時の豆知識

車を売る上でおさえておきたいポイントをまとめてみました。


車を高く売りやすい時期は?


買取業者に車を高く買取してもらうためには、

売り時を逃さないことが重要です。

 

 

車の相場というのは常に変動していますので、

時期が1ヶ月違うだけでも

買取価格に20万円以上影響

してしまうこともありますので、

 

なるべくタイミングは逃さないようにしましょう。

 

 

一般的に高く売りやすいと言われている時期は、

1、2、3月と9、10月とされています。

 

その理由は人の動きが多い時期(進学、就職、転勤など)で、

 

それに伴い車を購入するユーザーが

他の時期に比べて増えるからです。

 

車を購入する人が多くなる時期は、

買取業者も在庫を多く確保したいと考えますので、

いつもより高く買取してくれやすくなるのです。

 

ですので、

 

車の売却を検討中の方は、

この時期にうまくタイミングを

合わせるといいかと思います。



中古車の相場と買取相場


先程も言いましたが

中古車の相場というのは常に変動しています。

 

特にマイナーチェンジなどの

新型車が発表されると、

それに伴って新型車に

乗り換える人が増えるため、

 

イコール、

中古車の流通も増え、

結果中古車の相場も下がるのです。

 

 

単に人気が新型車のほうに移るから

という理由もありますが、

中古車市場の相場が下がれば、

当然のことながら買取業者が

皆さんから車を買い取る際の

買取相場も下がってしまいます。

 

 

できれば、

そうなる前に売却をしておくと

相場変動のリスクを避けることができますので、

そのあたりのタイミングも見計らって

売るようにしたいところです。




走行距離、車検の残り期間と買取価格の関係


走行距離が買取価格に与える影響というのは、

特に説明する必要がないかと思います。

 

走行距離が多ければ多いほど

買取価格は安くなりますし、

逆に少なければ

高く買取してもらうことができます。

 

 

これは皆さん言わなくても

知ってるよという感じでしょうが、

 

一つのポイントとして

知っておくと良いことがありますので、

ここで述べておきたいと思います。

 

 

それは走行距離が

3万キロ、5万キロ、10万キロを境に

大きく買取価格に影響するということです。

 

 

要はその走行距離を超えてしまっているか

超えてないかでは結果が変わってくるということです。

 

ですので、車の売却を検討し始めた時に、

先程の3万キロ、5万キロ、10万キロに

近づいているという時は、

なるべく車に乗るのを控えて、

早めに査定してもらうといいでしょう。



そして車検の残り期間について言えば、

多くの方が車検の期限を迎えるタイミングで

売却を検討されるかと思いますが、

 

 

期限を迎えた時には

そのままで売却してしまって問題ありません。

 

もちろん車検の残り期間が多くあったほうが

高く買取してもらえますが、

 

車検を通してから売却しても、

車検を通すための費用がかかり、

結果的には変わらないので、

早めに売却してしまったほうがいいのです。

 

尚、車検証は車査定時に必ず必要になりますので、

車を売る時には予め準備しておきましょう。

その他車売却時に必要になる書類については

この車買取川越市を参照してみてください。