車を高く売りたいなら査定前にこれだけはやってはだめ!~その2~

タイヤ交換にバッテリー交換等、車の消耗品に関して新規交換などの経験は誰しもがあることかと思います。
もちろんタイヤもバッテリーも新しいに越したことはない!というのはご想像のとおりです。

ですが、これから車を査定してもらう予定だという場合、これらの消耗品と呼ばれる車の部品やパーツを新しいものに取り換えてから査定してもらったほうがいいのか?というと実はそんなことはなく話は少し変わってきます。

不思議に思うかもしれませんが、もしも新品に交換してから査定してもらったとしても、

実は買取価格にはそれほどプラスに働くものではなく、反対にそれくらいは当然!こんな風に査定士は考えるものだからです。

もし査定額に影響してくるとすれば、タイヤで言えばワイヤーが見えるくらいすり減っているとか、エンジンが動かないほどまでバッテリーが弱ってたりすると、査定士のマイナス査定につながることはあるんですが、

例えば先ほども言ったように、新商品のタイヤが販売開始になったからといって、そのタイヤに履き替えたとしても買取金額がプラスになるということはないのです。

 

実はこれ、以前自分がやってしまった実体験なんですが、その際に査定してもらった買取業者には、期待されているほど査定額アップにはならないんで、次回車を売る時にはあえて交換とかはやめたほうがいいですね!と言われてしまったのです。

そうなんです、タイヤについてもバッテリーについても車の消耗品関係については、車を売ると決断してからは交換する必要性は全くないということ。

当然ではありますが、古いタイヤやバッテリーの車であるよりも、新しいタイヤやバッテリーの車のほうが確かに買取金額は若干高くはなりますが、交換にあたって負担した費用ほど高く買取してくれるということはないようなので、やればやるだけ無駄になってしまうということなんです。

損しないためには大切な車の消耗品関係の交換について説明させて頂きましたが、これから車買取してもらう予定だという方は、くれぐれも無駄な出費となってしまわないよう、是非消耗品関係は交換なんかせずにそのままで買取してもらうようにしましょうね!